2006年01月18日

ライブドア強制捜査

ライブドアに証券取引法違反の疑いで強制捜査が入りました。
本当に違法行為があったのかどうか、その真相は今後の捜査を待たなければなりません。

しかし、堀江社長のこれまでの言動には何か違和感を覚えてきたことは否定できません。


例えば・・・

ニッポン放送株を取得した時には、自らの持つ株主の権利を繰り返し主張してきた堀江社長。

一方、ライブドアの株主総会にて、自社に十分な利益が出ているのにもかかわらず、株主の権利を行使して配当要求を求める株主提案を拒絶する堀江社長。

どちらも違法行為ではありません。
ただ、ずいぶん身勝手な人だなと強く感じます。
世の中のルール(社会規範)を守れない(知らない?)人なんだな、と感じるのです。


会社は営利を目的とする法人です。
お金儲けを追求するのは至極当然のことです。

しかし「世の中のルールを守った上で」という但し書きがつくのです。
違法行為でお金儲けなどもってのほかです。

そして、世の中のルールというものはなにも法律だけではありません。
商慣習、道徳、倫理なども重要な社会規範です。
ただ、法律にあって他の社会規範にないものは、罰則という国家権力による強制力だけです。


コンプライアンス(法令順守)の重要性が叫ばれる昨今。

それは、法令を守れないような会社は、市場しいては社会の支持を得ることができず、結果的に市場や社会からの退場を迫られるからです。
国家権力による強制力が発動されるまでもなく、まず市場が違反者を排除するのです。


従って、罰則という強制力をもたない商慣習、道徳、倫理などといった社会規範に違反した場合には、市場や社会が違反者を排除しなければなりません。

世の中のルールを守れない者が、自分の都合の良い時だけ証券取引市場のルールを振りかざし会社を大きくし潤っていく資格などないと断言できます。


しかしながら・・・

市場は強制捜査が入るまでは動きませんでした。
また逆に、一企業にすぎないライブドアに強制捜査といったニュースだけで、これまで上昇基調にあった全体の株価まで大きく値を落としてしまいました。

制裁をくだすべき時には動かず、ちょっとした情報に過敏に反応しすぎる市場・・・

どちらも健全な状態とは言えません。

例えばなにか有事があった場合、とんでもないパニックを引き起こす可能性が高い、非常に危険な状況にあるのではないかと私は思っています。
posted by きむたろ at 12:52| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(2) | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。