2005年03月06日

住宅ローン減税(その1)

休日は「マンション」を見に行ったりします。

正直、見ると欲しくなります・・・


住宅ローン減税(※詳細は後日書きます)も、
2005年からは段階的に縮小されていくものの、まだまだその恩恵は大きいです。
住宅ローンの金利が1%低くなるのと同じような効果があるのです。

また、住宅を購入してその登記をする際にかかる登録免許税の軽減措置もあります。
税金が安くなるのです。
こちらのほうの期限は2006年12月31日迄です。

ここで言う「住宅」とは、
新築でも中古(条件あり)でもかまわないのですが、
新築の場合は床面積に注意が必要です。

新築住宅の床面積は「壁芯基準」となっています。
これは、コンクリートの壁の中心から測った面積のことで、
実際のコンクリートの壁の内側から測った面積よりも広く表示されてしまうのです。

マンションの住宅ローン減税の適用があるとされる、床面積50u以上の「50u」とは、
実際のコンクリートの壁の内側から測った面積=「内法基準」となっています。

例えば、
「壁芯基準」で50.0uの住宅は、
「内法基準」では50uを下回ってしまいます。

「50uより若干大きい」位の新築マンションの購入を検討されている方は、
営業担当者によく確認しておくことが必要です。

※三井不動産は、BLOGの運営もしているようです。
posted by きむたろ at 12:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

住宅ローン減税
Excerpt: むつらぼしがマンションを購入するという事を話すると、悔しいのか? 俺も私もと、購入するイロハを聞かれます。 ちなみに私は【頭金0】で無謀にも購入しました。 何故か?今年から住宅ローン減税額がどん..
Weblog: むつらぼしの部屋
Tracked: 2005-03-10 18:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。