2005年04月23日

会社を作る(外国人の代表取締役)

外国人を代表取締役とする会社設立は認められるのか?
これは実際によくある質問です。

結論から言うと「認められます」。
会社の代表者は、外国人でもまったく問題はありません。

商法上、株式会社の代表者は「代表取締役」とされており、
有限会社の代表者は「取締役」か「代表取締役」となります(※詳細追記)。
そして、これらの代表者が日本人でなければいけないという規定はありません。

これは、日産やソニーの代表者は外国人ですのであたりまえと言えばあたりまえです。


しかし、代表者の要件として「国籍とは別の決まり」があることは案外知られていません。


それは、会社の代表者は日本に住所を持っている必要があるということです。

ただ、会社を代表する取締役は何人いても良いことになっているので、
その中で最低1人、日本に住所を持っていれば大丈夫です。

例えば、株式会社で代表取締役が2人いる場合、
1人が日本人で日本に住所を持っていれば、
他の代表取締役が外国人で、日本に住所がなくてもまったく問題はありません。


また、会社の代表者はその社印を法務局に届け出することになっており、
その際、印鑑証明書の提出が求められています。

外国人の方で、印鑑登録をしている場合には、証明書をとって提出すればよいのですが、印鑑登録をしていなければ、サイン証明か拇印証明で代用することができます。


商法の改正により、最低資本金制度もなくなることが予定されており、会社を設立することはそれほど難しいことではなくなってきています。※有限会社の代表者
 有限会社では、通常「取締役」が代表権を持っています。
 但し、定款の規定や社員総会の決議により「代表取締役」を置くこともできます。
posted by きむたろ at 13:29| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 会社設立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本に支店を設立したいので、又、駐在員事務所も考えられます。
貴社に依頼しても宜しいですか?
9月28日、短期ビザで来日の予定がありまして、その時、短期ビザを長期に変更する事できますか。
よろしくお願いします。
Posted by 陳勇敏 at 2005年09月02日 17:36
陳勇敏様
お問い合わせありがとうございます。
私でお役に立てる事でしたらお引き受けします。
依頼内容の詳細を知りたいので、下記アドレス宛にメール送信していただければ検討いたします。
よろしくお願いします。
houritu68@yahoo.co.jp
Posted by きむたろ at 2005年09月02日 23:47
お伺いしたいのですが、
海外在住の代表取締役と、日本在住の代表取締役と2人存在する場合、銀行口座はどうなるのでしょうか?
法人口座で開設して、二人で平等にアクセスの権利がありますか?
ただ一人は海外在住の場合、どうなるのでしょうか?

どうぞ宜しくお願い致します。
Posted by 松本 at 2012年04月14日 00:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2998941

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。