2005年05月25日

認知症姉妹と悪徳業者

埼玉県富士見市に住む80歳と78歳の認知症(痴呆症)の姉妹が、3年間で4600万円以上の住宅リフォーム工事契約を訪問業者16社に結ばされ、全財産約4000万円を失った上、約700万円の未払い代金のために今年3月、自宅を競売に掛けられるという事件がありました。

こうした事態をうけ富士見市は、裁判所に対し競売中断を申し立て、業者に工事費返還をあっせんするなどの救済に乗り出し、県も高齢者の訪問販売のトラブル解決に向けて動き出しました。


認知症(痴呆症)で物事の判断能力がない高齢者に群がる悪徳業者には本当に怒りを覚えます。

このような高齢者など、物事の判断能力を失ってしまった人を守る手段として、民法は成年後見(※詳細追記)という制度を用意しています。

この制度を利用するには、本人・配偶者・4親等内の親族、あるいは保護すべき人に身寄りがいない場合には市町村長が、家庭裁判所に対して、成年後見人の選任を申立する必要があります。
しかし、今回の姉妹のような場合、本人が申立手続きをできるはずはなく、また配偶者や面倒をみてくれる親族がいなかったがために悪徳業者の餌食になってしまったわけです。

つまり、本当にこの成年後見制度を利用しなければいけないような人に限って、申立をしてくれる人がいないのです。
ここに大きな問題があります。


また、「悪質な訪問販売業者は処罰すればよい」という考え方もあるでしょう。
特定商取引法という法律では、こうした悪徳業者に対し、訪問販売業務の全部か一部を停止させる業務停止命令を出すことができるとされており、契約書類に虚偽記載があれば100万円以下の罰金となることもあります。

しかし、この法律も被害者が知らなければ意味がなく、また悪徳業者は架空名義を使っていたりして業務停止命令など怖くもありません。
このような法律は、まっとうな業者をしばることはできますが、悪徳業者にはあまり意味がないのです。

あとは、刑法の詐欺罪・準詐欺罪で罰するほかないでしょう。


このように、法律・制度の不備、運用上の欠点を悪用する悪徳業者をのさばらせないためになにか良い方法はないでしょうか?

ご意見お待ちしています。
※成年後見制度
 判断能力が不十分なために、財産侵害を受けたり、
 人間としての尊厳が損なわれたりすることがないように、
 成年後見人という代理人を裁判所に選任してもらい、
 本人に代わって契約などの代理をしたり、
 本人が間違って不利な契約をしてしまった場合、
 取り消しなどの法律行為を行う制度。
posted by きむたろ at 23:58| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(7) | 成年後見制度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
>悪徳業者をのさばらせないためになにか良い方法はないでしょうか?
の回答に直接的な対策ではないかもしれませんが、『地域の目』がとても大切だと思います。こういうご姉妹のケースってレアのケースではなく、多分沢山いらっしゃると思うのです。認知症に限らず幼児虐待のケースにも当てはまりますが、コミュニティで関心を持つことが、草の根的なことですが実は早い解決になるのでは。
悪徳業者にかぎらず、訪問販売&電話営業の業界では、ある地域やある世帯に絞って営業をします。そして、また違うターゲットへと。地域に狙いを定める場合、地域がお互いで情報を交換する慣習をもっていれば、今自分達の地域が狙われているのがわかります。そういう地道な対策が『悪徳業者をのさばらせないため』につながる一歩だと思います。
Posted by エル at 2005年05月26日 10:56
TBありがとうございます。
必要な人ほど自分で申請は出来ないし、このような制度がある事も広く知られてないように思います。
自分も知りませんでしたし…。
今後はこの制度の認知度を上げたり、業者への罰則を強化するなどして、少しでも被害が防げるといいですよね。
Posted by どんぐりん at 2005年05月26日 19:44
TBありがとうございます。
やっぱり悪徳業者の名前を公表するのが一番効き目があると思いますよ。なんといっても信用第一ですから。何故個人の悪い事をした人は名前公表するのに、企業だと隠すんでしょうねぇー
Posted by at 2005年05月26日 20:51
コメント&トラックバックありがとうございます。

成年後見制度は、よく考えられたすぐれた制度だと思うのですが、申立人の制約があります。
今回のように身寄りのない方々には、事実上利用できない制度と言わざるを得ません。
運用方法に一工夫必要かな、と思います。

また業者に対する制裁ですが、「実体のない怖いものなし業者」の場合は、有効な制裁方法がありません。社名など適当に次々と変えてしまうだけです。

他人に無関心な社会。
遠回りなようですが、一番の解決策は少しずつでもこうした世の中を変えていくことでしょうか?
Posted by きむたろ at 2005年05月26日 23:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

こりゃ非道ぇゃ よって全文転載
Excerpt: 過剰工事:3年間で数千万円分、認知症の老姉妹食い物に  埼玉県富士見市に住む80歳と78歳の姉妹が、複数の訪問業者に勧められるまま、この3年間で数千万円分のリフォーム工事を繰り返し、全財産を失った。..
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-26 10:05

無意味なリフォーム。
Excerpt: <過剰工事>認知症姉妹に成年後見人申し立て 富士見市長 埼玉県富士見市に住む認知症の80歳と78歳の姉妹が、複数の業者から家屋のリフォーム工事を繰り返されて財産を失い、自宅を競売にかけられた問題で、..
Weblog: ハサウェイの徒然なるままに・・・
Tracked: 2005-05-26 10:09

認知症で判断力の無い老姉妹を食い物に・・・
Excerpt: 鉄拳制裁な話 認知症で判断力の無い老姉妹を食い物にし破産させる事件があったとか・・・ 一応、ニュースソースをペタ↓ http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/..
Weblog: すぴさまな雑記
Tracked: 2005-05-26 12:27

高齢者に対する詐欺的商法について
Excerpt: 埼玉県富士見市で,認知症の高齢者姉妹に対し,複数のリフォーム業者が不要な工事をしかも市価の数倍の価格で行い,その結果,姉妹が破産状態になるということが判明しました。 この業者,実名で公表してくだ..
Weblog: あれは,あれで良いのかな?
Tracked: 2005-05-26 22:41

続々 富士見市の老人をカモったインチキリフォーム業者
Excerpt: 悪質リフォーム:半数が架空契約か 工費、部品代の70倍  埼玉県富士見市の認知症(痴呆)の姉妹が全財産を失った訪問リフォーム問題で、19社・57回計約..
Weblog: 溶解する日本@WebryBlog
Tracked: 2005-05-28 15:39

「リフォーム:認知症の老姉妹」の続き
Excerpt:  「弱者にたかるハイエナ業者」や「怒りは止みませんが、少し安心しました」の続報です。
Weblog: 思うて学ばざれば則ち殆し@WebryBlog
Tracked: 2005-05-29 06:15

認知症の方を狙う卑劣な行為
Excerpt:  今月上旬のニュースに、リフォーム業者が認知症の高齢者に施工不要な工事を繰り返し全財産を巻き上げるという事件の報道がなされました。  こうした事件は氷山の一角で、現実には数え切れないくらいたくさんあ..
Weblog: たにぐちまさひろWEBLOG
Tracked: 2005-06-01 19:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。