2005年05月17日

会社を作る(定款の作成1)

会社の設立手続きも、類似商号の調査(4/19)も終了し、必要とあらば許認可の有無の確認(4/28)も済めば、いよいよ定款の作成です。

定款とは、会社の組織活動を定める根本規則のことを言います。
「会社の規則」のうち最高位に位置するもっとも重要なものです。
これを作成し、公証人の認証を受けなければ、会社を設立することはできません。
この公証人による認証を受けた一番最初の定款のことを原始定款と言います。


では、この「定款」どうやって作るのでしょうか?

一番簡単なのは、「定款の書式」を買ってきて、商号や目的など必要事項を書きこんでいくことです。
ただ、それほど難しいものでもないのでワープロを使って自分で作ることもできます。
必要事項を打ち込んで印刷し、株式会社の場合は発起人、有限会社の場合は社員全員が署名押印します。尚、印鑑は実印です(印鑑証明書も必要です)

作成する部数は、公証役場提出用、会社保存用、登記所提出用の3部です。


次に、「定款」に記載する内容(記載事項)です。
この記載事項は、その重要度に応じて次の3種類に分類することができます。

1.絶対的記載事項
  定款に必ず記載しておかなければならない最重要事項です。
  これを書きもらすと定款自体が無効となり公証人が認証をしてくれません。
  作り直しになりますので要注意です。

2.相対的記載事項
  定款に記載しておかないと効力が生じない事項です。
  具体例は次回以降にご説明します。
  こちらは、記載がなくても定款が無効になることはありません。

3.任意的記載事項
  定款に記載するかしないかは、まったくの自由です。
  具体的には、営業年度(決算期)の定めなどがこれにあたります。
  

次に、それぞれの具体的な記載事項についてですが、長くなってしまいましたので、また次回以降にご説明したいと思います。

定款の記載例などはこちらのHPが参考になります。
http://www.koshonin.gr.jp/noframe/teikan.htm#1 (日本公証人連合会)
posted by きむたろ at 18:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 会社設立 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3548838

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。