2005年09月21日

真正な登記名義の回復ってなに?

あまり聞きなれない言葉です。

真正な登記名義の回復・・・

これは、実際の所有者と登記簿上の登記名義人が一致していない場合、この登記を是正(修正)するための手段(方便)として使います。

 売買でもない。
 贈与でもない。
 相続でもない。
 とにかく理由はないけど登記が間違っている。

こんな場合、これを直すには、今現在の登記を抹消してしまうか、真正な登記名義の回復以外方法がないのです。


ただ、この登記は登記の依頼を受ける我々司法書士は嫌がります

我々司法書士は、間違った登記をするわけにはいきません。
だから、
不動産売買の場合は「売買契約書」
不動産の贈与の場合は「贈与契約書」をよーく確認するのです。

でも、真正な登記名義の回復は、こういった登記をする理由(登記原因)を証明する書類がないことが多いのです。
要するに、訳がわからないのです。


それと税金の問題があります。

不動産を取得すると不動産取得税や固定資産税がかかってきます。
役所は登記をチェックして、その名義に変更があった場合には、これらの税金の支払を求めてきます。

通常、売買などで不動産を「取得」した場合にこれらの税金を支払わなければいけないのは理解できます。

しかし、単に間違っていた登記を修正しただけで不動産取得税などの税金をかけられたのではたまったものではありません。

が、役所は見逃してくれません・・・

「間違えていたものを修正しただけであること」をしっかり証明できればよいのですが、この証明があいまいで説得力がない場合には、税金を逃れることはできないのです。
※不動産取得税についての詳細はこちらをどうぞ
 http://www.soumu.go.jp/czaisei/czaisei_seido/ichiran01_i.html


真正な登記名義の回復を原因とする所有権移転登記をする場合には、このような点に注意する必要があるのです。




posted by きむたろ at 08:22| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 民法・不動産登記法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよあと1週間です。
落ち着いたら連絡します。士業の掟、教えてください。
Posted by 行政書士松本将平 at 2005年09月23日 15:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7126685

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。