2005年09月29日

司法書士の費用ってわかりにくい?

登記などを司法書士に依頼すると費用が発生します。

その費用の中身はなんでしょうか?

◆司法書士に支払う費用
これは、大きくわけて報酬立替金とになります。

報酬は、依頼業務である登記などを行った対価で、申請書作成、法務局への申請手続きや日当などもこちらに含まれます。
立替金は、登録免許税などの税金や戸籍・住民票など役所で取り寄せた書類の発行手数料などです。

このうち登録免許税などの立替金は実費ですので、各司法書士事務所間で費用の差はないはずです。

しかし、現在報酬については各事務所まちまちとなっています。注意しなければいけないのは、登記委任状の作成費用などの書類作成費や日当は、各事務所間でかなり差があるという事です。例えば、登記委任状は無料としている事務所が多いと思いますが、中には有料としている事務所もあるのです。


◆報酬の自由化
以前、司法書士の報酬には「司法書士報酬額基準」というものがあり、多少の幅はあったものの各事務所でそれほど大きな差はありませんでした。

ところが、世の中の規制緩和の流れに伴い、各士業において報酬の自由化が進められ、平成14年12月31日「司法書士報酬額基準」が撤廃され、司法書士の報酬は完全自由化されました。

これにより各事務所は自由に報酬額を決めることができるようになったのですが、基本的には廃止された「司法書士報酬額基準」を元にしている場合が多いようです。


◆見積書の請求
しかし、「司法書士報酬額基準」を元にしている場合が多いとはいえ、報酬額は各司法書士の裁量によって決められるのが原則です。よって、登記などの依頼をしようと考えている場合には、概算の見積りを出してもらう必要があると言えましょう。

特に注意しなければいけないのは、先ほどご説明したように書類作成費用日当は格差もかなりあるようなのでよくチェックするようにしましょう。


◆どの司法書士に依頼するのか
 見積りを取り較べてみて費用があまり変わらなかった場合はどうでしょうか?
 私は、我々司法書士の職業信用を売る商売だと考えています。一般的な法律相談や契約書のチェックなどすることも多く、関連して成年後見業務、役所の許認可・届出、税金関係、不動産取引など幅広い知識が要求されます。

 こうした業務の特性上、「この人なら信用できるな」と思った人に依頼するのが一番なのではないでしょうか。


※手前味噌ですが・・・
 ちなみに当事務所では、一般的な法律相談は基本的には無料で行っています。お気軽にご相談ください。
【関連する記事】
posted by きむたろ at 08:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 司法書士 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

廃止
Excerpt: 変な時間ですが・・・。 増税か否か? 7638 シーマ株の動向 サラリーマン給与ダウン 今回走行距離 司法書士の報酬ってわかりにくい 9/28 罰金収入 たばこのお話 死刑囚もLovin' it
Weblog: 「廃止」ブログリスト
Tracked: 2005-09-30 04:08

廃止
Excerpt: 変な時間ですが・・・。 増税か否か? 7638 シーマ株の動向 サラリーマン給与ダウン 今回走行距離 司法書士の報酬ってわかりにくい 9/28 罰金収入 たばこのお話 死刑囚もLovin' it
Weblog: 廃止
Tracked: 2005-10-01 21:53
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。