2005年10月28日

どうなる?住宅ローン減税

 三位一体改革に伴う税源移譲によって、年収500万円から700万円程度の中所得者層で、住宅ローン減税の効果が目減りする可能性が高いことが25日、分かった。中所得者層では、税源移譲で所得税が減税、住民税が増税になる人が多い。だが、住宅ローン減税は所得税だけを対象にした制度のため、ローン減税の恩恵で所得税を納税していない人にとっては、住民税の増税分がそのまま負担増になる。負担増となるのは数十万人規模で、中には納税額が2倍になる人もいると想定され、25日に始まった政府税制調査会(首相の諮問機関)の06年度税制改正に向けた議論でも、焦点の一つになりそうだ。【毎日新聞】

今後議論がなされていくものと思われますが、とんだところに火の粉が降りかかってきたものです。

◆住宅ローン減税
 住宅ローン減税は、「国民が支払った所得税を減税額に応じて返してもらえる」という制度になっています。

 よって、実際に減税によって返してもらえる金額は、所得税として支払った金額が上限となります。計算上の減税額が所得税額よりも多くても、それ以上返してもらえることにはなりません。

 そして、住宅ローン減税は、所得税だけを対象にしたものであり住民税には適用がありません。

◆三位一体改革に伴う税源移譲
 今回の改正は、国から地方自治体への権限移譲に伴い、税金の徴収権限も移譲させようとするものです。

これにより、我々が支払う住民税が増え、所得税が減ることになります。

 これは、住宅ローン減税の適用を受ける人にとっては大問題です。減税の適用を受ける所得税が減り、減税の適用を受けない住民税が増えてしまうのですから。


 そもそも住宅ローン減税は、不動産の流動化、景気対策として導入された制度です。恒久的に税金を減らしてくれるというものではなく、不動産の流動化が進み、景気が回復すればなくなってしまう制度なのです。現に、減税規模は年々縮小しているため、減税の恩恵を最大限受けたければ、早めに居住用の不動産を購入するなどして入居をする必要があります(締日は毎年12月末)。

 こうした国民にとっての不都合をどうするのかについては、今後議論がなされていくはずですが、景気の回復感が高まる中、消費税率のアップが検討されるなど、あまり良い方に転ばないのではないかと思っているのは私だけでしょうか。
posted by きむたろ at 12:53| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | 不動産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8626445

この記事へのトラックバック

これからの増税を見て
Excerpt: ??芦鵑料軈??鶲犠,世韻????海任呂覆い任靴腓Δ??∩軈??鵑??看??屬覆い里鯲匹さ颪函∪農????機柄??如傍掴世??菷??砲覆辰討??泙靴拭????⊆茲蠑紊欧蕕譴討い詁睛討髻⊇擦泙い旅愼??..
Weblog: 不動産購入応援ブログ[不動産の市況と動向、住宅ローン]
Tracked: 2005-10-28 22:10

最新新商品紹介
Excerpt: どうなる?住宅ローン減税
Weblog: CSC通信
Tracked: 2005-10-30 23:35

最新新商品紹介
Excerpt: CSC通信 写真をクリックしてください。 メーカー名:フォモジャパン 商品名:ハンディフォームグリーン#300/#310 商品特徴 残液があってもノズルを折りたたんで保管すれば再利用が可能..
Weblog: CSC通信
Tracked: 2005-10-30 23:42
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。