2005年12月17日

登録免許税の改正 〜税制改正〜

12月15日、与党が2006年度税制改正の大綱をまとめました。
これによると所得税と個人住民税の定率減税の廃止など、実質増税は避けられそうもありません。


この中で登記に密接に関連する登録免許税についての改正も発表されました。

現行の不動産登記の登録免許税は、不動産取引の活性化を図るために、通常の税率の1/2とする軽減措置がとられています。しかし、この軽減措置は来る平成18(2006)年3月31日までの期間限定のものです。

よって4月1日からは通常の税率に戻るのが規定の路線なのですが、一方で漸く活性化してきた不動産取引に対する悪影響に配慮して軽減措置を延長するべきかどうかが議論されてきました。

結論は、
土地に関しては、軽減措置を2年間延長する。
建物に関しては、軽減措置の延長はしない。
というものです。


詳しくはもう少し詳細がはっきりしてからお知らせしたいと思います。

いずれにしても建物に関する登記については、来年の3月末までに済ませてしまった方がよいことは間違いないようです。
posted by きむたろ at 00:05| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | 登記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。